04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-03-29 (Sun)
・有胞子性乳酸菌(中山菌、ラクリス菌)
・ユキノシタエキス
・ヨクイニン(ハトムギ)エキス
・ヨード(ヨウ素)

■有胞子性乳酸菌(中山菌、ラクリス菌)
普通の乳酸菌は乾燥や熱、酸に弱く、ビフィズス菌は酸素のない状態でないと死滅しやすく、
生きたままで食品に利用することは大変難しいといわれています。
有胞子性乳酸菌は、一定の条件下で乾燥にも、熱や酸にも非常に強く、
腸内や適温の牛乳中などでは発芽して、活発に増殖します。

line.jpg

■ユキノシタエキス
ユキノシタ科植物「ユキノシタ」の全草から抽出した茶褐色透明なエキス。
有効成分に、タンニンフラボノイドを含みます。
紫外線は、皮脂を酸化させ、老化をすすめる過酸化脂質を生成させてしまいます。
ユキノシタにはその生成抑制をし、DNAダメージの修復を促します。
昔から民間薬生薬として、生の葉の汁を腫れ物やしもやけ、うみの吸出し、
やけどなどに用いられてきました。また、他の消炎剤やエキスとの併用で相乗効果が期待されています。
美白のエイジングケアに注目の成分。

line.jpg

■ヨクイニン(ハトムギ)エキス
楊貴妃も愛飲していたハトムギ。
ハトムギはイネ科の一年草で、インド・東南アジア原産が原産です。
タンパク質、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンB2などが豊富に含まれています。
成分の中で、特に注目したいのは、コイクセライドです。
コイクセライドには、腫瘍抑制作用(例えば、イボをなくす等)や、
肌を美しく整える効能もある、といわれています。
最近の研究では、新陳代謝を促進する、という研究結果もあります。
ハトムギは、漢方でヨクイニンと呼ばれ、
煎じて飲む方法が伝えられています。また、食用としても利用される場合があります。

line.jpg

■ヨード(ヨウ素)
実は意外と生活の中で活用されていて、ヨードチンキやうがい薬の茶色の液体の正体は、このヨウ素なのです。
ヨウ素は、海水の中に豊富に含まれていて、海藻の中で濃縮されています。
そのため、日常的に海藻(昆布・わかめなど)を利用してきた日本人にとっては意識しなくても摂れている栄養素なのです。
ヨウ素の一番重要な働きと言えば、甲状腺ホルモンの材料になるということ。
甲状腺ホルモンは、体内のタンパク質合成やエネルギーの代謝を活性化させる命令を伝えるホルモン。
つまり、このホルモンがなければ、新しい細胞を作るスイッチや、
体を動かすエネルギーを作るスイッチがONにならないということなのです。
新しい細胞を作るのに欠かせないヨウ素ですが、意識して摂取すると摂りすぎの可能性もあり。


関連記事
| 成分・用語集 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。