2011-06-14 (Tue)
gl_english1.jpg

ここ数年続けて、海外旅行に行く機会があったのですが、

英語が話せれば旅行がもっと楽しくなるだろうな~

って、毎回行くたび、帰ってくるたび思っていました。

英語圏じゃない国でも観光客の多い場所、ホテルや観光地など、
条件があると思いますが、やっぱり英語は万国共通。

次回はもっとしゃべれるようになって行こう!って思って
毎週発売される某テキストなんかも買ってみたのですが、
そもそものシチュエーションが違うので続きませんでした。

ひよは海外旅行で役立つ英語が学びたいの。

これからも行く予定なので、
それまでにもっと話せるようになりたいな~って思ってた最中、
Blingさんにモニターさせていただくことになりました∩(´∀`)∩

今年の1月に発売されたばかりの新しい英会話メソッド。

Greenlight English
(グリーンライトイングリッシュ)


gle_logo.gif

テキストはまだ届いてないのですが、
英会話のお勉強をしようと思ったきっかけと、
意気込みをひよメモろうと思います。

はじめて英会話をはじめる方、
英会話をギブアップしたことがある方にオススメ♪


ってところに、ハートをギュッとつかまれました。

Greenlight Englishの特徴
1.話したいことを、たった15のパターンで表現できる
2.興味のあるテーマからはじめられる
3.ダウンロードした音声データはじぶん仕様に編集可能


Greenlight Englishの要は1つめ。
日本語にあって、英語に無い表現(その逆も然り)を
取捨選択できるようにすることがポイント。
言いたいこと、表現したいことを、15パターンに当てはめる練習をし、
それを覚えることで、英語でコミュニケーションが取れるようになる英会話レッスンです。

英語文章のパターン化。なるほど。
言い方ひとつでとっても簡単に覚えられそうな気がします。
学校でもこういってくれればよかったのに・・・。

それにひよが魅力を感じたのはやっぱり2番目。
必要と思うテーマを集中して学べるって効率もいいし、
必要だからやる気も出ます。

テキストまだ届いてないけど、やる気まんまん。

>>>Greenlight English

送付されてくるテキストと音声データ(ダウンロード版かCD版)で、
自宅などで学習するシステムです。

使用するテキストテーマは現在4種類あって、

■ノルウェーの森を旅する Touring Norwegian Wood
ノルウェーの森を旅するいま、再び、「ノルウェーの森」。白夜、オーロラ、フィヨルド、イノベイティブな生活スタイルなど、年々、北欧ノルウェーを旅する日本人が増えてきました。こうした中、ノルウェーの森を旅する"Touring Norwegian Wood"エディション。日本初登場のノルウェーの森情報、ノルウェーの旅情報を織り交ぜたエンターテイメントな英会話メソッドがデビューです。これ一冊で、日本を「行ってきま~す」と旅立って、ガイランゲルフィヨルドの奥にあるノルウェーの森への旅行英会話がオッケー。

■愛犬といっしょに散歩 Talking and Walking with my Dog
愛犬といっしょに散歩英語圏では、愛犬は、"man's and woman's best friend" と表現。そんなベスト・フレンドといっしょに散歩をしたり、おしゃべりをしたり、愚痴を言ったり、あるいはいっしょに音楽を聴いたり、テレビ映画を観たり。Greenlight Englishの"Talking and Walking with my Dog"エディションは、こうしたベスト・フレンドといっしょのライフスタイルを通して、英会話をレッスン&レッスン。

■ハイスクール・デイズ High School Days
ハイスクール・デイズ義務教育の英語は、英会話のメソッドではなく、英語の知識です。でも、得手、不得手は別として、ふだん英語に接しているシチュエーションを考えると、高校時代は英会話を身に付けるかっこうの機会かも知れません。Greenlight Englishの"High School Days"エディションは、リアルな等身大の高校生活を再現しようと、高校生の皆さんとインタビューを繰り返しながら、読んで面白い英会話メソッドに仕立てました。

モニター対象ではなかったのですが、
もう1種類リメンバー・ジョン・レノンがあります。

テーマはこれからもどんどん増えていくみたいです♪

ひよが今回選ばせていただいたテキストテーマは、
ノルウェーの森を旅する愛犬といっしょに散歩

この2つを選んだのは、旅行へ行って役立つ英語を学びたいって言うのと、
ダンナさんを相手に日常使えそうな英語だったから。

ダンナさん=犬( *´艸`)

興味のあるテーマを選べるっていいわ~。

あと、日常生活にしても、外国の人に道を聞かれた時とか、
アワアワしてしまう自分もイヤなので、英語慣れしたいなってのもあります。
そもそも地図自体がニガテなので余計に・・・。 
ひよ、よく話しかけられるんだわ。

見た目も中身もスマートな女性になりたいですわ。

次の海外を楽しむため、頭のアンチエイジングのためにもがんばろう!
早くテキスト届かないかな~♪
gle_title_snav_wood.jpg
gle_logo.gif
英語を話したいひとりひとりの日本人をポンと後押し。
「ほら、信号はグリーン、大丈夫。」

Greenlight English(グリーンライトイングリッシュ)
>>>http://www.greenlight-english.com/


興味を持っていただいて購入する際には、
質問1:このサイトをお知りになったきっかけは?
って欄があるので、このブログのURL

http://minus10yearsold.blog32.fc2.com/

をペタッと貼ってくださいな♪



line.jpg
ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると、ひよもお肌も喜びます♪

美容ブログ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking


いつも゚.+:。(´∀`)゚.+:。ありがとう!
関連記事
スポンサーサイト



| バラエティ | COM(11) | | TB(0) | |
2011-06-14 (Tue)
NHKスペシャル「あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿遺伝子~」
で特集されたサーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子は人間なら誰でも持っている遺伝子で、

うまく働かせることができると寿命を延ばしたり、
細胞を美しく保って若返り効果も期待できる遺伝子


とも言われているそうです。

うまく働かせることができればってところに引っかかりますが、
サーチュイン遺伝子は残念なことに、スイッチを入れてあげないと働かない
ぐうたらな遺伝子なのです。

そのスイッチの役目をするのがレスベラトロール

レスベラトロールはブドウの若芽や若つる等に含まれている
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用に優れている成分。

その作用は細胞レベルにまで働きかけるのではないかって
ことで注目されていた成分です。

どうやら実証されたみたいですね。

そのレスベラトロールが配合されたスキンケア

【CRERE】
CRERE(クレレ)トライアルセット

crere7.jpg
>>>ワインポリフェノール「レスベラトロール」高配合 

通常1,680円のトライアルセットですが、
6月30日まで980円!のキャンペーンやっています。

【セット内容】

  • CRERE 洗顔フォーム/10g
  • CRERE ローション/14ml
  • CRERE エッセンス/5ml
  • CRERE 保湿クリーム/5g

クレレのスキンケアは、ワインのことを知り尽くした
ワインを取り扱ってる会社から発売されています。

・レスベラトロール:ブドウつるエキス(保湿成分)
・DNA-K:サケの白子から抽出した核酸<DNA>(保湿成分)
・ライムギ胎座培養エキス:植物性プラセンタ(保湿成分)
・加水分解酵母エキス:赤ワイン酵母由来(保湿成分)
・サッカロミセス溶解質エキス:パン酵母由来(保湿成分)
・オーキッドエキス:ランのエキス(保湿成分)

上の6種類から作られているCREREスキンケアコンプレックスっていう
美肌成分共同体をベースに、
コラーゲン、アルギニンやアラニン・バリン等のアミノ酸などなど配合。
お肌をうるおわせて元気にしてくれる成分がたっぷりなのです。

crere9.jpg

仕上がりお肌はしっとりぷるんって感じじゃなくて、
しっとりむっちり♪水分を蓄えてお肌がジューシー(´∀`人)

もちろん合成着色料・合成香料不使用、パラベンフリー、エタノールフリー、
石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリー旧表示成分不使用。

なかでもお気に入りなのがエッセンス。
ジェルみたいにやわらかくてみずみずしいテクスチャー。
ほんのりピンク色もかわいらしい。

crere8.jpg

接写しすぎて手相が丸わかりですね^^;

CRERE(クレレ)公式サイト
>>>クレレスキンケアシリーズ

※商品購入者の方毎月30名さまに抽選でワインプレゼント中!!


line.jpg
ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると、ひよもお肌も喜びます♪

美容ブログ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking


いつも゚.+:。(´∀`)゚.+:。ありがとう!


関連記事
| キャンペーンとか期間限定モノ | COM(3) | | TB(0) | |